Webライティングで文章が書けない初心者必見【文章の基礎を解説】

Webライティングで文章が書けない初心者必見【文章の基礎を解説】 ライティング

ネットで人に伝わる文章が書けない・・
文章の間違いを人に指摘されることが多くて悩んでいる。。

こんな思いをされたことはありませんか?

この記事では、文章を書くときの基本について分かりやすく解説をします。

わたしはこの記事で紹介する文章の書き方で、クラウドワークスのテストライティングに合格。
案件を受注し、Webライターの一歩目を歩き始めることができました。

基本的な文章の書き方をマスターしたいと思う方は、ぜひご覧ください。

 

Webライティングで必要な基本の書き方と2つのテクニック

文章の基礎ともいえる基本の型を一覧で紹介

Webライティングは、インターネット上で読む文章を書くことです。

正しい情報を集め、その情報を分かりやすく読者に伝えることが必要になります。

ここで紹介する内容は、以下のとおり。

 

・Webライティングの基本的な書き方
・PREP法
・マジックナンバー3

順番に解説していきます。

Webライティングの基本的な書き方

Webライティングって、どういうところに気をつければいい?

読み手の脳に負担をかけず、見やすく分かりやすい文章を心がけることです。

なぜなら、読んでもらうことができないから。

わたしがいつも心がけている、文章の書き方の基本を紹介します。

 

文章の書き方 解説(例)
一文一義 一つの文章で一つの意味を持たせること
同じ文末表現は2回まで 「です」「します」などの文章の最後に書く言葉
助詞を連続して使わない 悪い例:「山田さん上」
良い例:「山田さんの隣あり」
二重表現に注意する まず最初」「今の現状」など
表記を統一する 呼び名、半角・全角、ひらがな・カタカナなど
主語と述語を近づける 山田さんは(主語)聞きました(述語)
主語と述語が近いと、意味が伝わりやすい
修飾語と被修飾語を近づける 高機能な(修飾語)MacBook Pro(被修飾語)
のように距離を近づけると、誤った解釈を防ぐ
漢字とひらがなの含有率を調整する 文章全体を見て、漢字の割合が多いと難解に見える
漢字からひらがなをにすると、やさしい文章になる
色の強調は信号機のルールを意識する →否定・禁止・ネガティブ
→肯定
→例示、用語の強調

そして当たりまえですが、知識を吸収したら実践すること。

知識を得ても何もしなかったら、結局それは自分のスキルになりません。

シンプルですが、これが良い方法だと思います。

PREP法

PREP法ってなに?

PREP法とは、Point:結論、Reason:理由、Example:具体例、Point:結論のことです。

この順序で話すことで、論理的に情報を分かりやすく相手に伝えることができます。

そしてPREP法はビジネスだけではなく、Webライティングで活用することが可能です。
個人ブログは例外として、多くの企業が運営するブログはPREP法で文章が書かれていません。

つまり、PREP法を活用することで、他のサイトと似ない文章を作ることができますよ。

 

【使用例】

「ほうれん草は栄養あるの?」というお題に、PREP法で考えてみます。

 

・結論 :ほうれん草はとても栄養価の高い野菜です。

・理由 :なぜなら、鉄分・ビタミンC・β-カロテンを豊富に含むから。

・具体例1:鉄分を豊富に含むので、貧血を予防する効果があります。

・具体例2:さらにビタミンCが多く、抗酸化作用やカルシウムの吸収を促進する効果も。

・具体例3:また、β-カロテンは体内でビタミンAになり、皮膚や髪を健康に保ちます。

・結論 :これらのことから、非常に健康効果に優れた野菜といえるでしょう。

今回の例では、具体例が多くなりました。

お題によっては理由がない場合や、PREP法の順序を入れ替えることもあります。

文章によって、臨機応変に使い分けると良いでしょう。

マジックナンバー3

マジックナンバー3ってなに?

マジックナンバー3とは人間が覚えやすく、思い出しやすい数字(3)のことです。

マジックナンバー3を使うメリットは2つあります。

 

・何かの提案をする時に、根拠が3つあると説得力が増す
・人間の脳が記憶しやすいという特徴がある

【使用例】

今回は2つほど、マジックナンバー3を使った例を紹介します。

①ブログ記事のタイトルを決める時
ふるさと納税をスグに始めよう!今からでも遅くない理由は3つ

3つの理由って何だろう?と思いますし、内容にも説得力を増すことができます。

 

②箇条書きで何かをまとめる時
※ふるさと納税で得られる3つの大きなメリット
・豪華な返礼品がもらえる
・税金が控除される
・好きな自治体に寄付できる
このように箇条書きで3つにすると、分かりやすく、記憶にも残りやすくなります。

まとめ

 

まとめ

記事の内容をまとめます。

 

・Webライティングは読み手の脳に負担をかけず、見やすく分かりやすい文章を心がける
・PREP法を活用することで、論理的かつオリジナルな文章を作ることができる
・マジックナンバー3は、人間が記憶しやすく説得力を増す効果がある

わたしも今でこそ、クラウドワークスでお仕事をいただけるようになりました。

ですが、何度もテストライティングで落とされた経験も。

しかし、どれだけ時間がかかっていても、諦めなければ結果は必ずついてきます。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
これからも役に立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いします。