Qiitaでアウトプットするメリットは?【小さく始めましょう】

Qiitaでアウトプットするメリットは?【小さく始めましょう】 勉強法
「Qiitaに学習したことをアウトプットすると、どんなメリットがあるの?」

エンジニアになりたくて、これからQiitaで学習したことをアウトプットをするか
迷っている方も多いのではないでしょうか。

わたしも勧められるがまま、Qiitaにて4か月間で約60記事を書きました。

Qiitaでアウトプットをすると、どんな良いメリットがあるのかこの記事では解説します。

さらに、Qiita以外のサービスを利用するときの判断基準や、
Qiitaを利用する際のデメリットについても書いていますので、ご覧ください。

 

Qiitaでアウトプットをするメリットとデメリット

Qiitaでアウトプットをするメリットとデメリット

では早速、Qiitaでアウトプットをするメリットとデメリットについて説明します。

Qiitaでアウトプットをすることによる得られる4つのメリット

プログラミングで学習したことを、Qiitaでアウトプットするメリットは以下の4つです。

 

・知識の定着化
・他者のフィードバックを得ることができる
・他者の役に立つ
・就職活動時において実績になる(個人的感想あり)

順番に解説します。

知識の定着化

プログラミングで得た知識をQiitaでアウトプットするには、知識を1度整理して書きます。

さらにQiitaは個人の日記ではなく、書かれた内容は情報として多くの人に見られます。
ですので、いい加減なことを書くことはできません。

情報を整理して、学んだことを正しく伝える。

この2重のプロセスを踏んで、知識の定着をすることができます。

他者のフィードバックを得ることができる

投稿した内容について、他者からフィードバックをもらうメリットは3つあります。

 

・新しい気付きを得る
・正しい情報を書くための「伝える力」が向上する
・正しい情報を書くための「情報を集める力」が向上する

Qiitaで投稿された記事は、多くのエンジニアの目に触れます。
投稿した内容が良かったら喜ばれますし、内容に誤りがあれば指摘を受けます。

正しい情報だと思っていたけど、指摘されて新しい気付きを得る。
これによって知識をさらに深めることができます。

Qiitaで記事を投稿するとき、正しい情報を書くためには2つの力が必要です。
それが「伝える力」と「情報を集める力」です。

伝える力」は、アウトプットを重ねてやり方を改良していくことで成長します。

情報を集める力」は、本の内容を要約する力であったり、
インターネットで情報を収集するときの取捨選択で鍛えられます。

誰かからフィードバックを得ることで、成長速度を飛躍的に高めることが可能です。

他者の役に立つ

これはすごく単純で、あなたが書いた記事が誰かの役に立ったら嬉しいものです。

「有益な情報をありがとう!」とコメントで感謝されたり、
LGTM(Looks Good To Me=記事に対し承認する)や記事をストックされたりなど。

誰かに認められたら嬉しいですよね。
こういった経験は、次につながる大きなモチベーションになるでしょう。

就職活動時において実績になる(個人的感想あり)

Qiitaでのアウトプットは就職活動におけるアピールになります。
特に未経験からエンジニアに転職したい方には、とても効果的だと思います。

そう思うんですが、これは応募先の企業によります

現にわたしは、Qiitaで60以上の記事を書いてきました。
ですが、面接で話題にされたことは1度もありません。

そもそもQiitaで記事を書かなかったら、面接のチャンスをもらえなかったかもしれませんし、
わたし自身に他の要因があることも考えられます。

結論、Twitterの100 Days of Codeなどの方がウケがいいということです。
何がアピール材料になるのか、その場その時に応じて変えていくしかありません。

※参考:#100DaysOfCode公式ウェブサイト

Qiitaでアウトプットをすることによる生じるデメリットは2つ

これまで、Qiitaでアウトプットをすることによるメリットを紹介してきました。
逆にQiitaでアウトプットをすることで、生じるデメリットを2つ挙げます。

 

・やり方によっては悪影響を及ぼす
・投稿した記事が自分の資産にならない

どういうことか順番に解説します。

やり方によっては悪影響を及ぼす

結論、目的がQiitaに投稿するだけになっているとプラスになりません

Qiitaは学習したことを知識として定着化できる素晴らしいツールです。
ですが、目的がQiitaに投稿するだけになってしまうと、記事のネタ探しだけで消耗します。

さらに、記事のネタになりそうだからという理由で
自分の知りたい分野外のことを書くと、目的から逸脱してしまいます。

まさにわたしがそうで、フロントエンドの学びになりそうだから
という理由でSEOの記事を書いてみたりしました・・。

こういったことがないように、Qiitaに投稿するのが目的にならないようにしましょう。

投稿した記事が自分の資産にならない

Qiitaに投稿した内容は、自分のものだけにはなりません。
運営を通して他の登録ユーザーが無償で利用することができます。

「じゃあ、アカウント消せばいいじゃん!」と思ったあなた。こちらをご覧ください。

 

第9条(終了後の投稿の取扱い)
登録ユーザーが本ユーザー資格を失った場合(第13条第3項又は第14条に定める終了を含む)後においても、前二条はなお有効に存続し、当社は、ユーザーが登録したユーザー情報及び投稿内容を使用することがあります。

引用元:利用規約 – Qiita

さらに、サービスが終了してしまうと何も残りません。
また、規約改定でルールがいつ変わるのかも分からないのです。

残るのは、自身の経験知的財産ということを覚えておきましょう。

どのサービス使うべき?答えはあなたのキャリアプラン次第

どのサービス使うべき?答えはあなたのキャリアプラン次第

デメリットで、投稿した記事が自分の資産にならないということをお伝えしました。
だったら、どのサービスを使えばいいのか迷いますよね。

正解は、あなたがこれからどうキャリアを積み上げていきたいかです。
ここではおすすめのサービスを3つ紹介します。

Qiita

Qiitaを使う場合は、アウトプットかつマークダウンの練習と割り切りましょう。

早めにアウトプットを体験することで、自分にアウトプットが向いているかや
継続して続けられるかが分かります。

また、マークダウンの練習にも非常に効果的です。
GitHubでポートフォリオを紹介する際の説明で、マークダウンを使います。

 

プログラマの技術情報共有サービス - Qiita
Qiitaは、プログラマのための技術情報共有サービスです。 プログラミングに関するTips、ノウハウ、メモを簡単に記録 & 公開することができます。

note

noteはテキストや動画、音声などで情報を発信することができるサービスです。
記事をブログより簡潔に書くことが可能で、動画や音声で投稿することもできます。

noteは有料会員のプランもあります。
ですが基本的に無料でサービスを利用でき、初期費用もかかりません。

また、広告による収益化はできません。
ですが、自分のノウハウを有料記事として販売することが可能です。

自分の影響力を高め続けられる人におすすめです。

 

note ――つくる、つながる、とどける。
クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

WordPress

WordPressは、オープンソースで提供されているソフトウェアです。

WordPress自体は無料で利用することができますが、インターネットに公開するには
ドメインやサーバーなど取得する必要があります。

ただ、利用方法について分かりやすく解説しているブログや動画があるので、
導入難易度は低いといえます。

WordPressは、WebやPHPといったインターネットやプログラミング言語の知識が必要です。
さらに、ドメインやサーバーに費用こそかかりますが、魅力は絶大です。

将来的に自分のブログで稼ぎたい!と思っている方や、
これからもずっと情報を発信し続けたい!と思っている方におすすめです。

 

WordPress.com: Create a Free Website or Blog
Create a free website or build a blog with ease on WordPress.com. Dozens of free, customizable, mobile-ready designs and themes. Free hosting and support.

どうやって始めたらいい?体験談からアドバイスします

どうやって始めたらいい?体験談からアドバイスします

ここまで長くなってしまいましたが、どうやって始めたらいいのか
わたしの体験談からひとつアドバイスをしたいと思います。

それは、小さく少しずつ始めることです。

わたしもQiitaでアウトプットを始めて、学んだことがたくさんあります。

誰かの役に立つことは嬉しいです。
LGTMや記事をストックされたのは、Qiitaへの投稿をやめてからですが(笑)

そして文章を書くことの楽しさに気づき、ライティングを始めました。

何かのきっかけで、新しいことにチャレンジすることもできます。
少しずつで構いません。アウトプットでも何でも良いので始めてみましょう。

参考までに、わたしがQiitaでどんな活動をしていたかリンクを貼っておきます。

https://qiita.com/s79ns

まとめ

まとめ

最後に記事の内容をまとめます。

 

・自分のキャリアプランに合わせてサービスを使い分けましょう
・アウトプットで必要なことは、正しい情報を「伝える力」と「情報を集める力」
・アウトプットする目的を明確にしましょう