第一種販売主任者に一発合格した勉強法を教えます【誰でもできる】

第一種販売主任者に一発合格した勉強法を教えます【誰でもできる】 勉強法

会社から第一種販売主任者の資格を取れって言われたけど、
どうやって勉強したら良いか分からない
あと、参考書が多すぎてどれを選べばいいか分からないよ。

このような悩みをお持ちの方へ。

わたしは1年前、地元のガス会社に勤めていました。
その時に、第一種販売主任者の試験を受験して一発合格しています。

この記事では、第一種販売主任者の資格を取得するための効果的な勉強法を紹介。
さらにわたしが使ったテキストや、どういったペースで勉強していたかをお伝えします。

コツコツやれば必ず合格できる試験ですから、安心してくださいね。

 

第一種販売主任者試験の効果的な勉強法

第一種販売主任者試験の効果的な勉強法

第一種販売責任者試験を合格するための流れは、以下のとおりです。

 

・試験日と電子申請の受付期間を確認する
・2冊テキストを用意しましょう
・試験日の3か月前から勉強を始めましょう
・合格するために必要な勉強法はたった2つだけ
・試験中に実践しておきたい重要な2つのこと

順番に解説していきます。

試験日と電子申請の受付期間を確認する

よし、じゃあさっそく勉強法を教えてください!

まずは効率よく勉強を進めるために、計画を立てましょう。
始めるのが早すぎても、覚えたことを忘れてしまう可能性があります。

第一種販売主任者試験は毎年11月の第2日曜日に実施しています。

まず、公式サイト試験日をしっかり確認しましょう。

次に、インターネットで試験申し込み可能な電子申請の日程も合わせて確認。

受付期間を忘れずに、スケジュールに入れておきましょう。
ちなみに電子申請の方が、書面申請より安くて申し込みがカンタンです。

2冊テキストを用意しましょう

スケジュールを確認したら、次にすることは何?

次に試験勉強に使うテキストを用意します。必要なテキストは以下の2冊です。

 

・第一種高圧ガス販売主任者 試験問題と解説
・第一種販売講習テキスト(第2次改訂版)

これらがあれば十分です。
他に市販されているテキストを使う必要は一切ありません。

遅くとも、この2冊を試験日の3か月前に用意しておきましょう。

これらテキストの購入方法は公式サイト内のこちらから確認できます。
ですが、買う前に1つ確認して欲しいことがあります。

先輩社員からテキストを借りましょう

テキストってメルカリにも売ってるんだね。そこで安く買おうかな。

ちょっと待ってください。

受験理由の多くは、会社で資格取得を推奨されているためだと思います。

その場合は会社の先輩社員がテキストを持っていることが多いので、先輩から借りましょう。

借りたら、もちろんプラスアルファでお返しも忘れずに。
合格した報告と合わせ、ご飯も奢ればテキスト代以上にお金が浮きますし、何より喜ばれます。

この流れが会社の中で循環すると、次はあなたの後輩がご飯を奢ってくれるでしょう。(笑)

試験日の3か月前から勉強を始めましょう

いつ頃から勉強を始めればいい?

試験日の3か月前にくらいになってから始めましょう。

繰り返しますが、始めるのが早くても忘れる可能性があるからです。

勉強時間は、休日の午前中と仕事のスキマ時間を勉強時間にあてると良いでしょう。

午前中は、脳が活性化して最も効率よく勉強ができます。
さらに仕事の空いた時間なら、先輩のアドバイスがもれなくついてきますよ。

合格するために必要な勉強法はたった2つだけ

学校で勉強するように、テキストを理解して過去問を解けばいいの?

いいえ、逆です。勉強のコツはこんな感じで進めると良いでしょう。

 

・過去問を8割、テキストを2割くらいで勉強を進めましょう
・過去問の出題傾向を把握すること

まず、過去問を頭に染み込ませるように反復して読んでいきます。

なぜなら過去問の問題が、文章を少し変えてそのまま出題されるから。

次に大事なのは、過去問の出題傾向を把握することです。
例えば、ほぼ必ず公式を使った計算問題が1問以上は出題されているはず。

出題される傾向を掴めば、どこを理解すれば良いか分かるでしょう。

過去問の解説を読んでも分からないところは、テキストで補足する感じです。

試験中に実践しておきたい重要な2つのこと

辛かった勉強が終わって、いよいよ試験だ・・・!
頑張って合格するぞ!!

ここまで勉強をされた方、大変お疲れ様でした。

この勉強法で対策をしていれば、まず合格は間違いないでしょう。

最後に、試験中に実践しておきたい重要な2つのアドバイスをします。

試験時間を自分が納得できるまで活用しましょう

さらに合格率を上げるために、こういうことをしたら良いよっていうアドバイスとかある?

ズバリ、試験時間は自分が納得できるまでギリギリ使いましょう。

ただ、「最後に見直したらこれだけ成績が上がりました!」という証明はありません。

ですが、見直した方が点数が上がる可能性も高いです。
何より試験が終わった後の「やりきったぞ!」という納得感が違いますよ。

自分が答案した内容をできるだけ覚えておこう

自分の答案を覚えておいて、何の意味があるの?

これは、後で正解を見直して合否を確かめるためです。

試験問題とその解答は、試験日の翌日に公式HPにて掲載します。

合否は数か月後に公表されますが、試験の手応えを同僚や上司が聞いてくるんです。

なので答え合わせをしていないと、試験に対する取り組む姿勢を疑われてしまいます。

答案を覚えておくと、合否が早く分かって自分への安心感にも繋がりますよ。

まとめ

まとめ

本記事のこれまでの内容をまとめます。

 

・試験日と電子申請の受付期間を確認しておく
・過去問とテキストを2冊用意する
・過去問を繰り返し読んで、出題傾向を分析する

この記事を読んで、試験に合格する人が少しでも増えてくれれば幸いです。

なお、わたしは第二種販売主任者の資格も持っています。
第二種販売主任者も扱うテキストが違うだけで、まったく同じ勉強法が有効ですよ。