集中力が続かない人必見!誰でも簡単に集中できるようになるコツ9選

集中力が続かない人必見!誰でも簡単に集中できるようになるコツ8選 勉強法

集中力がなかなか続かなくて、つい違うことをしたり、
他のことを考えたりしてしまう・・
1つのことに集中する方法を知りたいな。。

 

勉強や仕事でなかなか集中し続けることができず、このような悩みを持っている人へ。

この記事では、勉強や仕事の場において誰でもかんたんに集中し続ける方法を紹介します。

ほかに、集中力を高めるコツや生活習慣などについても解説。

内容もそんなに難しくないので、肩の力を抜いて読んでみてくださいね。

 

集中し続ける方法と覚える知識はたった3つだけ

集中し続ける方法と覚える知識はたった3つだけ

集中し続ける方法と、覚える知識はたった3つだけです。

・短時間の集中を繰り返すと作業効率がいい
・25分作業して5分休憩するサイクルがおすすめ
・短期間の集中を繰り返すとゾーンに入りやすい

順番に解説していきます。

短時間の集中を繰り返すと作業効率がいい

どうして短い時間の集中を繰り返した方がいいの?

脳は1つのことを長時間集中できないからです。

人が集中を続けられる時間は限られています。

そして、脳は新しいことや予測がつかないことが好き。

この仕組みを利用することで、脳を飽きさせずに集中力を発揮できます。

次々に取り組むことを変え、脳に新鮮さや刺激を与えることが大切です。

25分作業して5分休憩するサイクルがおすすめ

25分作業して5分休むって・・。
そんな方法で本当に集中できるようになるの?

25分間作業をして、5分ほど休むサイクルがおすすめ。

25分という時間は人が無理なく集中しやすい時間だからです。

さらに、休憩のときは何も考えずに目をつむること。

スマホなどを見ないようにしましょう。

こうすることで、脳に刺激を与えずに情報を整理することができます。

短期間の集中を繰り返すとゾーンに入りやすい

ゾーンって何のこと?

ゾーンとは、1つのことに深い集中をしている状態のことです。

ゾーンに入ることで、人は最高のパフォーマンスを発揮することができます。

この状態に入ると、作業に深く没頭しすぎて時間を忘れてしまうほど。

短期間の集中を繰り返すことで、脳の背外側前頭前皮質という部分が鍛えられます。

背外側前頭前皮質が働きやすくなることで、ゾーン状態に入りやすくなるのです。

集中し続けるための簡単にできるコツ6選

短期間の集中以外にも、大切なことは5つあります。

・睡眠をしっかりとる
・作業環境を整える
・周囲の雑音は人次第だけどあった方がいい
・適度な運動を取り入れる
・PC画面設定を見直す
・作業効率を高める食べ物を軽くつまむ

順番に解説していきます。

睡眠をしっかりとる

睡眠って集中力に影響するの?

睡眠は集中を維持する上で最も大切です。

できるだけ毎日同じ時間帯に、同じ睡眠時間をとりましょう。

習慣化すると、スムーズに入眠することができ、深い睡眠効果が得られます。

さらに、昼間の20分ほどの仮眠もおすすめ。

昼の仮眠は夜の睡眠における3倍の効果があると言われています。

ただし、30分以上の時間や、15時以降の仮眠は逆効果なので注意しましょう。

作業環境を整える

机の上にものがたくさんあった方が、集中できるんだけどなぁ・・

作業環境も、高い集中力を持続させるために大切な要素です。

視覚に余計な情報が入ると集中することができません。

机の上に紙とペン以外のものは置かない方が無難でしょう。

PCもチャットやブラウザ、カレンダーなどがいつも前面に出ていませんか?

そういったものも、必要なときにだけ見れるようにしておきましょう。

周囲の雑音は人次第だけどあった方がいい

周りがうるさいと集中できないんだよね・・

実は適度な雑音がある方が、集中できることが分かっています。

人は静かな方が集中しやすいですが、雑音があっても問題ありません。

むしろカフェなどの場所は、脳に適度な負荷をかけられるので集中力を鍛えられます。

現代では近隣住民の騒音や、子供の金切り声などでストレスを感じることでしょう。

ただイライラするのではなく、鍛えられているとプラスに考えてみるのも手ですよ。

適度な運動を取り入れる

運動って集中力に影響するの?

長い間座っていると、血流が悪化して脳の働きを下げてしまいます。

そこで、スクワットや数分程度の散歩をすることで集中力を取り戻すことができます。

特に、スクワットは場所をとらずに道具を使わないのでおすすめです。

スクワットをすることで、基礎代謝が上がり、血流が改善します。

1セット30回ほどから始め、少し汗が出るくらいの負荷を心がけてみましょう。

PC画面設定を見直す

PC画面設定って、明るさとかを調整するってこと?

まずは、目の疲労の原因になるブルーライトをカットしましょう。

暖色系の色にすることで、ブルーライトから受ける刺激を軽減できます。

さらに、ダークモードを終日まで設定してみましょう。

ダークモードは画面の反射を抑えるので、目に負荷を与えません。

いずれも目の負担を抑えることで、長い時間集中することができます。

作業効率を高める食べ物を軽くつまむ

自分の好きなお菓子じゃだめなの?ポテチとか!!

だめではありませんが、ポテチとかは娯楽が目的になると思います。

あと、糖質による肥満リスク、塩分や油などの健康リスクを考えるとおすすめできません。

そこで、ラムネやナッツ、ダークチョコレートがおすすめ。

ラムネは脳のエネルギー源における、ブドウ糖の吸収効率が良いです。

ナッツは認知機能を高める不飽和脂肪酸が豊富で、よく噛むので脳の血行改善が期待できます。

ダークチョコレートのテオブロミンという成分は、集中力や記憶力を高める効果も。

これらの食べ物を適度に食べると、集中力を持続できますよ。

まとめ

まとめ

本記事のまとめです。

・短時間の集中と休憩を繰り返すことで、最高の作業効率を得ることができる
・睡眠をしっかりとり、昼間に20分ほど仮眠すると午後の作業効率UP
・休憩に適度な運動を取り入れ、ナッツやダークチョコレートなどをつまむとよい

短時間における集中のペースは、60分や90分だったりと、人によって異なります。

色々試してみて、自分に合うやり方を探していくと良いでしょう。

個人的にですが雑音に慣れておくというのは、本当におすすめです。

大らかになることができて、人生生きやすくなります。(笑)

ぜひ、今回紹介した方法をやってみてくださいね。